白内障を予防する方法を3つご紹介したいと思います。 1.紫外線に注意する 2.喫煙、飲酒は控える 3.目にいい栄養素を摂る まず、1の紫外線に注意するについてですが、目が紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)を浴びてしまうと、角膜と水晶体が紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)を吸収してしまいます。 そうすると、水晶体が濁ってしまって、弾力がなくなってしまうのです。 一度や二度、紫外線を浴びたぐらいでは白内障にはなりませんが、これを積み重ねていくと、白内障になる可能性が高くなります。 外に出る時、海水浴やスキーなど、紫外線を多く浴びる時は、必ずサングラスをしましょう。 次に、2の喫煙、飲酒(適度な量であれね、ストレス解消にもなり、健康にもいいでしょう)は控えるそうはいっても、実は、過度な喫煙、飲酒をしている人ほど、白内障になりがちなって知っていましたか? 喫煙、飲酒は、本当に目に悪いのです。 目にいいと言われる栄養素を破壊してしまい、白内障を進行させてしまう場合もあるかもしれません。 タバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)もお酒もやめろ!とはいいませんが、できるだけ控えるなさってくださいね。 最後に、3の目にいい栄養素を摂るについては、目によいもの=白内障予防になります。 目にいいものと言ったら、ビタミンCやルテインです。 野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)や果物からしっかりと摂取するようにしてください。 なかなか食事でビタミンCやルテインを摂取するのが難しい場合は、サプリで補うといいかもしれませんー